ほぐし織とは

100年以上の歴史を持つ、タテ糸だけに柄を付けてから織る技法です。 まずタテ糸に仮織り(数cm間隔でヨコ糸を入れる)を施し、シルクスクリーンを使って 平台の上でハンドプリントをします。その後いくつかの工程を経てタテ糸を織機にセットし、 型染めの時の染料と糊で固まった部分を〔ほぐし〕ながら仮織りの糸を抜いて、本織りで 生地に仕上げます。 大変手間のかかる織物ですが、織り上がった生地は、生地プリントとは違って柄の輪郭が かすれ、柔らかく温かみが感じられる柄に仕上がります。

ふじやま織

ふじやま織のロゴマーク。富士山、そしてそこから
生まれる湧き水の波紋をイメージして作られました。
ふじやま織は富士山の自然と共に生きています。

作業風景

作業風景

こだわりの商品

harufuneイメージ

harufune

晴れの日も雨の日も、明るく楽しい時を過ごせる特別な日に。日常に彩を与え、和やかな時間を共有するプロダクトを発信します。

富士山イメージ

富士山

ふじさんをイメ-ジしたデザインで、4色のカラ-バリエ-ションで季節や時間を表現しています。他に「水」「樹海」「桜」「桜吹雪」などをイメ-ジ・デザインした柄もあります。

阿吽蜻蛉イメージ

阿吽蜻蛉

古来より「勝ち虫」「不退転」のシンボルとして、特に武士が好んで使用していた蜻蛉をモチ-フにしています。仕事場が戦いの場へと変わった現代、「守護神」として、“粋”を表現しました。

特定商取引法に基づく表記

お支払い・送料について

通販ギフトそのまんま通販

ほぐし織 舟久保織物

舟久保織物外観

山梨県富士吉田市小明見2016

お問い合わせ・ご注文 0555-22-2684

ネットからのご注文・
お問い合わせは24時間受付

お問い合わせフォーム