胡蝶蘭を育てるときの温度管理について

胡蝶蘭という花を知っている人の方が多いですよね。とてもかわいらし花を咲かせるのでとても人気です。また、初心者でも育てやすい花としても有名です。胡蝶蘭はしっかりと育てれば長い間花を楽しめますよね。その育てやすさから贈り物として大変人気があります。ですが、胡蝶蘭を長持ちさせたり、来年も花を咲かせるには温度管理がとても大切です。

●胡蝶蘭に温度管理が必要なワケとは

胡蝶蘭はラン科植物に属しているので、熱帯地域で育っている植物です。ですので、暑さには強いのですが、寒さにはとても弱い植物なのです。そのため、気温15度を下回ると成長をやめて冬眠してしまうといわれています。さらに10度を下回ると葉が落ちたり変色したり、最悪弱ってかれてしまうことがあるので温度管理はとても大切です。暑さには強いと言いましたが、ベストな温度は日中が25度、夜は15度くらいです。出来る限り20度前後を保ってあげることで花を長く楽しめますよ。また、熱帯地方だからといって太陽を当てても大丈夫かといえばそれはNGです。特に直射日光は絶対にだめなので、直射日光に当てないようにしてください。胡蝶蘭は直射日光に弱く、すぐに葉焼けという葉っぱの病気になってしまうので気をつけるようにしましょう。ただ、日光は好きなのでカーテンレース越しに日光の光を当ててくださいね。

●日本の四季ごとの育て方

・春

春は暖かく心地良い風が吹いてるので人も過ごしやすい季節ですよね。胡蝶蘭のベストな気温と同じくらいの温度で生活できるので胡蝶蘭にとってもとても育てやすい時期です。春は胡蝶蘭にとっては成長の準備期間になるので、直射日光は避けてカーテンレース越しに日光を当ててください。何もしなくても胡蝶蘭にとって心地の良い温度なので、そのまま室内においておいても大丈夫です。

・梅雨

じめじめと雨が続く季節ですね。人にとっては生活のしにくい時期ですが、実は胡蝶蘭は湿気が大好物なので蒸れすぎると病気の原因になってしまいます。梅雨の時期は特に通気性を意識して風通しの良い場所におくようにしてください。

・夏

夏場はとてつもない暑さで人間もバテてしまうことが多いですね。実は胡蝶蘭も同じであまりに暑さにバテてしまうことが多いです。気温が20度を超える日はなるべく室内に入れてあげて、できるだけ風通しの良い場所に置いてあげてください。室内でもいいのですが、できる限り換気をしてあげるのが胡蝶蘭にとってとても良い環境です。直射日光を避けて気温が20度を超えない部屋においてあげることが大切です。

・秋

蒸し暑い夏も終わってやっと少し涼しくなる季節ですね。胡蝶蘭にとってもベストな気温になるので、過ごしやすくなるでしょう。9月は胡蝶蘭は花芽が出始めます。残暑ので暑さが残るときは換気をこまめにしてあげて熱を逃がしてあげてくださいね。また、寒さが強くなってきたら室内の暖かい場所に移動してあげてくださいね。

・冬

冬は人間にとっても外に出たくない時期ですよね。家の中でいつまでもぬくぬくとしていたい、胡蝶蘭も同じように思うでしょう。冬は冬眠の時期に入る季節で四季の中でも一番気遣って丁寧に扱って欲しいです。15度を下回ると冬眠状態になってしまうので、15度を下回らないようにしてください。昼間は部屋が暖かくなるようにカーテンレース越しに日光を当ててください。また、特に冷え込む夜は部屋がかなり寒くなるので、毛布やダンボール、ビニール袋などで保温してあげるようにしてください。

このように胡蝶蘭を四季ごとに見ていると人間と同じような生活をしていることが分かりますよね。人が寒いといっている時期は胡蝶蘭は苦手なので、寒い時期は暖かい部屋に移したり、温度対策をしてあげてくださいね。温度管理をしっかりとして定期的に水遣りをすれば育てるのにそこまで手がかかる花ではありません。水遣りも週に1回くらいで良いので手間もかからず育てやすいですし、ほかの花に比べたらとても丈夫です。気温以外にも気使わなければいけない点がたくさんありますが。まずは最低限温度管理だけはしてあげてくださいね。

●まとめ

このように、胡蝶蘭の温度管理について紹介しました。温度管理は胡蝶蘭を育てるに当たり、とても大切ということが分かったのではないでしょうか。胡蝶蘭も人と同じように寒いのが苦手で、そのままにしておくと枯れてしまう可能性があります。ですが、胡蝶蘭は縁起の良い花なのでとても人気ですよね。お祝いでもらう花として定番といってもいいでしょうね。いざお祝いでもらったときにすぐに枯らしたということにならないように、育て方を学んでおきましょうね。もし、胡蝶蘭の育て方が分からないという人は是非、参考にしてくださいね。

 

新築祝い
http://www.kochoran.ne.jp/building/