就任祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナー

就任祝い程、胡蝶蘭を贈るのに適した機会はないでしょう。見た目が豪華で花も長持ちし、花言葉は「幸せが飛んでくる」。

入院中のお見舞いに鉢植えを贈るのは、「(病床に)根付く」という意味になってはいけないので、贈るのは控えますが、社長、所長、校長等の就任祝いには、逆にその地位に「根を張って」長くいられるという良い意味となるので、贈るのにピッタリですね。

 

特に、社長就任祝いには、上記の理由から胡蝶蘭を贈るのは世間で定番となっています。

 

では、就任祝いに胡蝶蘭を贈る際のタイミングや相場、その他のマナーについて見ていきたいと思います。

 

◆どんな胡蝶蘭が就任祝いに向いているか

 

胡蝶蘭と一口に言っても種類は実に様々です。

まず、花の大きさだけでも、大輪、中大輪、ミディがあります。この中でミディサイズは明らかに普通の胡蝶蘭よりずっと小さいので就任祝いには向きません。

 

大輪は花の直径が10~15cm程もある大変大きなものです。

高さも80cm前後あるので、横幅は3本立ちで45cm程、5本立ちで65cm程になります。

 

中大輪は花の直径が8~10cm近くで、花の高さも大輪を一回り小さくした感じとなります。ただ、高さも70cm程あるので、見栄えは大輪と比べても遜色ない豪華さを持っています。

 

やはり就任祝いには大輪の胡蝶蘭を選ぶことをお薦めします。

 

◆胡蝶蘭の本数と花の数について

 

胡蝶蘭の本数とは、3本立ち、5本立ち、7本立ちといった本数のことです。就任祝いには3本立ちか5本立ちを贈ることが最も一般的です。

 

花の数とは、1本の茎に付いている花の数のことです。

付いている花の数が多い程高さも横幅も出るので、サイズも大きくなります。因みに、花の数は7輪~14輪と様々です。また、大輪の胡蝶蘭程花の数は少な目となりがちですから、花の数よりは全体的な見栄えで選んだ方が良いでしょう。

 

◆就任祝いに贈る胡蝶蘭の相場

 

就任祝いの中でも、特に社長就任祝いの相場は、一般的に3~10万円となっています。その企業の規模や就任した方との付き合いの深さで金額も自ずと決まりますが、社長室には他の方や企業からも沢山の胡蝶蘭が届きます。見劣りがしないよう、「3~5本立ちの大輪の胡蝶蘭」を贈るのが良いでしょう。

 

そして、色は圧倒的に「白」が人気です。

社長就任以外にも、選挙の当選祝いでもよく見られますね。

ピンクなどは意外と贈ることは少ないです。

 

その代わり、白い花の中心が濃いピンクの“赤リップ”が最近は人気が出ています

 

◆立札を忘れずに

 

胡蝶蘭を贈る時は、必ず立札を忘れずに付けてもらいましょう。

紙札と木札があり、正式には木札を用います。

 

「祝 御就任」の言葉と、贈り主の会社名や役職、氏名を記入します。

 

今はメッセージカードといったラフな物もありますが、就任祝いは正式な木札を立てるようにしましょう。

 

◆いつ贈る?

 

就任祝いの胡蝶蘭を贈るのは、まず正式な辞令が出た後です。

 

最も多いのは、就任当日に届けることですが、人事異動は皆同じような時期である為、花屋が混むこともあるので、就任直後の大安の日に送ることも多いです。

 

◆気を付けなければならないこと

 

相手の宛て名書きには充分注意しましょう。

就任祝いも色々で、代表取締役、代表取締役社長、CEO等その会社に依って役職の名前にも違いがあります。相手の役職をよく確認しましょう。

 

また、旧仮名遣いやアルファベットの大文字・小文字、ハイフンやアポストロフィに至るまで確認を怠らない様にしましょう。

 

株式会社も(株)と略さないのが正式な書き方です。

 

◆まとめ

 

就任祝いの胡蝶蘭は、このように贈り方も正式であることが大事となります。

 

重要な地位に就いた方への贈り物ですから、敬意を込めて贈ることで相手にも喜んで頂けるでしょう

実は曖昧なクリスマスの由来

12月25日はクリスマス、知らない人は誰もいない程有名で、1年で最も盛り上がるイベントのひとつでしょう。
本来のクリスマスはイエスキリストの誕生日を祝う日となっていますが、実はキリストの誕生日が本当に12月25日であるという確証はどこにもないのです。
クリスマスが12月25日と制定されたのは、大昔のローマから始まったそうですがその頃のローマで信仰されていた太陽神を祭る日が冬至にあたる12月25日だった事から、クリスマスも25日になったと言われています。

更にクリスマスにまつわる不思議といえば、何故キリストの誕生日にサンタクロースがプレゼントをくれるのかという事でしょう。
サンタクロースがプレゼントを配るという風習が生まれたのは、キリスト教の司教であるセント・ニコラウスという人が貧しい家にコインを投げ入れた事が由来とされています。
セントニコラウスという名前が国から国へと伝わっていく中でサンタクロースへと変わっていき、この人物の上記の行動からクリスマスにプレゼントを贈るのが習慣となりました。
しかし、これも確証はなく他にも様々な由来があるようなのですが、一番広く伝わっているのがこの伝承となるのですね。

ですからクリスマスは、こんなに有名な行事であるにも関わらず、由来は曖昧なものばかりとなっています。
そのためか、国によってクリスマスの日にする事から食べる物、過ごし方やイベントまで様々なのです。
日本でもクリスマスは、今では大々的な規模で行われる行事となっていますが、やはりアメリカなどキリスト教の多い国から比べると、クリスマスに対するお祝いの仕方は決して大きくないと言われています。
世界の人からみると、日本のクリスマスはまだまだと言ったところでしょう。

ホワイトデーは日本で生まれた風習?

バレンタインデーで貰った人がお礼の気持ちを込めてお返しをする日として定着しつつあるホワイトデー。

実は日本で生まれた風習だって知ってましたか?
現在では、中国や台湾などでも定着しつつありますが、欧米などには無いそうです。

2月14日はバレンタインデーの起源である聖ウァレンティヌス司祭が処刑された日(紀元3世)。
1978年6月に全飴協の総会でホワイトデーキャンペーンを決定し、2年後の1980年に同キャンペーンを始めました。
現在、全飴協ではホワイトデー公式サイトを立ちあげ、日本のホワイトデーは全飴協の発案によってスタートしたと記し「ホワイトデーはキャンディー」を送る日とアピールしています。

ほぼ同時期に、福岡県にある老舗和菓子屋「石村萬盛堂」の社長、石村?悟が1977年に少女雑誌からヒントを得て、試行錯誤の上チョコマシュマロを「バレンタインデーのお返しに」と1年後の1978年に売り出しました。

現在は「ホワイトデー」という名前が定着していますが、その由来について全飴協によると砂糖の色や純粋なイメージの白が「愛」の日にピッタリだということで決定したそうです。
石村萬盛堂の方は、スタート時は「マシュマロデー」で売り出したものの百貨店から申し出により、より定着しやすい「ホワイトデー」に変更したといいます。

現在ではお返しの品として、キャンディやマシュマロ、クッキー、また恋人や本命などにはアクセサリーを送ることが定番となっています。
この風習を生んだのはお菓子の売り上げを目論んだお菓子業界と言えますが、お礼をきちんとするという礼儀をイベント化したのは日本独自の発想といえるのではないでしょうか?
石村萬盛堂の社長が当時手にした雑誌には「バレンタインデーのお返しが無いのは不公平」という1文が載っていたといいます。
本来見返りを期待しないのが贈り物の基本ですが、そうはいいつつも定着化してしまったバレンタインデーの波に、イヤイヤながらも乗らずにはいられない…というのも日本人の特徴なのでしょう。

母の日とは?

母の日の始まりは?
母の日は、クリスマスのように外国から始まった行事です。
アメリカの女性が亡くなった母に向け、白いカーネーションを贈ったことが
始まりで、そのエピソードをきっかけに母にカーネーションを贈るという
動きがアメリカで広まっていき、当時のウィルソン大統領が5月の第2日曜日
を母の日と制定しました。

贈るカーネーションの色が決まっている!?
亡くなってしまっている母へは白いカーネーションを、まだ健在でいらっしゃる
母へは赤いカーネーションを贈るのがマナーだそうです。
店頭では色々な色のカーネーションが並べられていますが、日本ではカラフルな
色の物が多いですね。

日本に広めたのは誰!?
日本に母の日というものが伝えられたのは、何と大正時代です。当時青山学院の
女性の教授が紹介し、その後森永製菓が母の日を提唱する運動を始めてから、
国民の親しみある行事へと広まっていきました。

母の日のプレゼントアイディア
母の日には赤いカーネーションを贈るというイメージが強いですが、どんな物を
贈っても良いのです。
花束・母の喜ぶ装飾品や家事用品などのプレゼント・お手伝い券や料理を振る舞
ってあげるなどの家事のお休みのプレゼントや、似顔絵など、気持ちが伝わる物
であれば何でも良いのです。

母の日のほっこりエピソード
・やっと言葉を話せるようになった子どもに、「ママありがとう。」と言って
似顔絵らしき!?絵をもらっただけで、自分もママになったんだな~ととても
嬉しくなった。
・義理実家へ母の日の贈り物を持って行った時に、義理母に「あなたも母に
なったんだから、今日はゆっくりしなさい。」と労いの言葉をかけてもらった
こと。
・夫が子どもの面倒を見てくれ、久しぶりに1人でゆっくり外出が出来、帰宅
すると夕食を作って待っていてくれたこと。

などなど、気持ちの伝わる贈り物であれば、受け取った母はとても嬉しいようです。
例え似顔絵と1本のお花でも、母に感謝の気持ちを伝える、という気持ちさえあれば
母の日は大成功間違いなしです!