実は曖昧なクリスマスの由来

12月25日はクリスマス、知らない人は誰もいない程有名で、1年で最も盛り上がるイベントのひとつでしょう。
本来のクリスマスはイエスキリストの誕生日を祝う日となっていますが、実はキリストの誕生日が本当に12月25日であるという確証はどこにもないのです。
クリスマスが12月25日と制定されたのは、大昔のローマから始まったそうですがその頃のローマで信仰されていた太陽神を祭る日が冬至にあたる12月25日だった事から、クリスマスも25日になったと言われています。

更にクリスマスにまつわる不思議といえば、何故キリストの誕生日にサンタクロースがプレゼントをくれるのかという事でしょう。
サンタクロースがプレゼントを配るという風習が生まれたのは、キリスト教の司教であるセント・ニコラウスという人が貧しい家にコインを投げ入れた事が由来とされています。
セントニコラウスという名前が国から国へと伝わっていく中でサンタクロースへと変わっていき、この人物の上記の行動からクリスマスにプレゼントを贈るのが習慣となりました。
しかし、これも確証はなく他にも様々な由来があるようなのですが、一番広く伝わっているのがこの伝承となるのですね。

ですからクリスマスは、こんなに有名な行事であるにも関わらず、由来は曖昧なものばかりとなっています。
そのためか、国によってクリスマスの日にする事から食べる物、過ごし方やイベントまで様々なのです。
日本でもクリスマスは、今では大々的な規模で行われる行事となっていますが、やはりアメリカなどキリスト教の多い国から比べると、クリスマスに対するお祝いの仕方は決して大きくないと言われています。
世界の人からみると、日本のクリスマスはまだまだと言ったところでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です