母の日とは?

母の日の始まりは?
母の日は、クリスマスのように外国から始まった行事です。
アメリカの女性が亡くなった母に向け、白いカーネーションを贈ったことが
始まりで、そのエピソードをきっかけに母にカーネーションを贈るという
動きがアメリカで広まっていき、当時のウィルソン大統領が5月の第2日曜日
を母の日と制定しました。

贈るカーネーションの色が決まっている!?
亡くなってしまっている母へは白いカーネーションを、まだ健在でいらっしゃる
母へは赤いカーネーションを贈るのがマナーだそうです。
店頭では色々な色のカーネーションが並べられていますが、日本ではカラフルな
色の物が多いですね。

日本に広めたのは誰!?
日本に母の日というものが伝えられたのは、何と大正時代です。当時青山学院の
女性の教授が紹介し、その後森永製菓が母の日を提唱する運動を始めてから、
国民の親しみある行事へと広まっていきました。

母の日のプレゼントアイディア
母の日には赤いカーネーションを贈るというイメージが強いですが、どんな物を
贈っても良いのです。
花束・母の喜ぶ装飾品や家事用品などのプレゼント・お手伝い券や料理を振る舞
ってあげるなどの家事のお休みのプレゼントや、似顔絵など、気持ちが伝わる物
であれば何でも良いのです。

母の日のほっこりエピソード
・やっと言葉を話せるようになった子どもに、「ママありがとう。」と言って
似顔絵らしき!?絵をもらっただけで、自分もママになったんだな~ととても
嬉しくなった。
・義理実家へ母の日の贈り物を持って行った時に、義理母に「あなたも母に
なったんだから、今日はゆっくりしなさい。」と労いの言葉をかけてもらった
こと。
・夫が子どもの面倒を見てくれ、久しぶりに1人でゆっくり外出が出来、帰宅
すると夕食を作って待っていてくれたこと。

などなど、気持ちの伝わる贈り物であれば、受け取った母はとても嬉しいようです。
例え似顔絵と1本のお花でも、母に感謝の気持ちを伝える、という気持ちさえあれば
母の日は大成功間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です